うさぎさん、どこいったん?

みなさま、こんばんは。 先日は私の悪声に、過分なお褒めのお言葉をいただきまして、本当にありがとうございました。 おかげさまで絶賛有頂天中、調子に乗りまくりの毎日、昨日はいつもよりもルンルンで(←古い)2年生のクラスで絵本を読むことができました…

岩崎書店「怪談えほん」、おすすめです。

先日、こんな本を読みました。 「失われた夜の歴史」 ロジャー・イーカーチ (著), 樋口幸子 (翻訳), 片柳佐智子 (翻訳), 三宅真砂子 (翻訳) 私たちが忘れてしまった、夜の魅惑と恐怖を初めて描き尽くした傑作!夜を暗闇が支配していた時代、悪魔などが跋扈す…

今年の「課題図書」、小川洋子だって!

先日、今年の「課題図書」が発表になりました。 「課題図書」に、取りたてて強い思い入れがあるわけではありませんが、 でも今年は違います。 なんとびっくり、今年は「小川洋子」氏の初めての絵本が課題図書に! 「ボタンちゃん」小川洋子:著 岡田千晶:絵…

うれしい四がつ。再び絵本のこと。

先日、本棚を整理していたら、 懐かしい絵本が出てきました。 「おひさん、あめさん」 金子みすゞ:著 森川百合香:絵 JULA出版局 今や、知らない人はいない天才童謡詩人「金子みすゞ」の詩集絵本。 15作品が収められています。 表紙からも推察される…

読めない絵本

しつこいようですけれど、 小学校で絵本の読み聞かせのボランティアをしております。 めんどうだなあ、と思いつつ、 一度入ると「退会できない」謎の組織・・・。 もう随分長くやっております。 絵本の読み聞かせにおいて、最も悩ましいのは、 「絵本選び」。 …

やっと。

相変わらず図書館を使い倒しています。 でも、人気のある本って、なかなか手元に来ないんですよ・・・。 先日、やっと待ちわびていた本が。 こんな感じ。 この中の、 「地球の中心までトンネルを掘る」、「フランドルの四季暦」 は、「はてな」で知って、予約し…

「エリカ 奇跡のいのち」

今日はある絵本の紹介を。 「エリカ 奇跡のいのち」 ルース・バンダー・ジー:文 ロベルト・インノチェンティ:絵 柳田邦男:訳 講談社 ―お母さまは、じぶんは「死」にむかいながら、わたしを「生」にむかってなげたのです。第2次世界大戦中のドイツで奇跡的…

ご利用は計画的に。

子どもの頃、 「家は借りて住め、本は買って読め」 って何かで読んだことがあります。 なるほどなあ、と思うと同時に それを真摯に守るには、 この国には地震が多すぎる、と感じることもあります。 経済的にも、欲しい本を全て購入していては、 生活そのもの…

読み聞かせ 私の「One Book One OSAKA」

以前、小学校で「絵本の読み聞かせ」をしているとお話ししたことがあります。 mamichansan.hatenablog.com これね。 子どもたちに絵本を。 「読み聞かせ」の他にも図書室の開館時間をのばしたり、 傷んだ本の補修をしたり、 書架をわかりやすく整頓したり。 …

小川洋子氏「琥珀のまたたき」を読みました。

作家「小川洋子」さんが書く小説が好きです。 新刊が出ると 一刻も早く手に入れたい!と 本屋さんに走ります。 新刊コーナーで彼女の本を見つけたら、 傷つけないように、 驚かせないように(本を、ですよ?) そうっと、そうっと 可能な限り、静かに、やさ…