読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵本「どこいったん」を読みました。

3学期が始まりました。 お子さんがいらっしゃるご家庭では「ほっ」としたり、お弁当作りが再開したり・・・楽になることも、かえって面倒が増えることも多々あることと思います。 新学期のスタートとともに、私の日常においても「読み聞かせ」のボランティ…

マミーさん、困っちゃう。

先日、ボランティア先の小学校で、図書室開放のお手伝いをしてきました。 私が所属している図書ボランティアのグループは、読み聞かせをするだけでなく、放課後や休日に図書室を開けて、子どもたちに居場所を提供することも活動のひとつにしています。 図書…

いつだって大歓迎。

今日はまたまた図書のボランティアについてお話ししようと思います。 今はどの小学校でもたいてい図書のボランティアグループが存在していると思うのですが、活動内容はグループによって少しずつ違います。 子どもたちに本の読み聞かせをすることが活動の中…

今年の「課題図書」、小川洋子だって!

先日、今年の「課題図書」が発表になりました。 「課題図書」に、取りたてて強い思い入れがあるわけではありませんが、 でも今年は違います。 なんとびっくり、今年は「小川洋子」氏の初めての絵本が課題図書に! 「ボタンちゃん」小川洋子:著 岡田千晶:絵…

うれしい四がつ。再び絵本のこと。

先日、本棚を整理していたら、 懐かしい絵本が出てきました。 「おひさん、あめさん」 金子みすゞ:著 森川百合香:絵 JULA出版局 今や、知らない人はいない天才童謡詩人「金子みすゞ」の詩集絵本。 15作品が収められています。 表紙からも推察される…

読めない絵本

しつこいようですけれど、 小学校で絵本の読み聞かせのボランティアをしております。 めんどうだなあ、と思いつつ、 一度入ると「退会できない」謎の組織・・・。 もう随分長くやっております。 絵本の読み聞かせにおいて、最も悩ましいのは、 「絵本選び」。 …

校長先生はえらくない。

相変わらず小学校で「読み聞かせ」のボランティアを続けています。 なので、小学校に(たまに中学校にも)出入りする機会が多いのですが、 今日は、「学校」について、 時々、私が考えていることをお話しさせてください。 学校。 とても不思議な空間です。 …

読み聞かせ 私の「One Book One OSAKA」

以前、小学校で「絵本の読み聞かせ」をしているとお話ししたことがあります。 mamichansan.hatenablog.com これね。 子どもたちに絵本を。 「読み聞かせ」の他にも図書室の開館時間をのばしたり、 傷んだ本の補修をしたり、 書架をわかりやすく整頓したり。 …

超能力って信じます?

近所の小学校で絵本の読み聞かせボランティアをしています。別に、「子どもたちの学力向上」とか、「子どもたちを読書好きに」とか、そういう高邁な目標があるわけではなく、 続けているのは、ただ単に「一度断り切れなくて引き受けたら、脱退の方法がない謎…