読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私、受難。

今日は予定が目白押し。
宿題を片付けるには朝しかありません。

「宿題」

そうそれは昨日のチーズ。

緊張しつつ冷蔵庫を開けると、

ほっ。
ニオイは大丈夫でした。
サランラップ、そして深夜に追加したジップロックは偉大です。表彰状をあげたいくらい。(いらないだろうけど)

まずは切ってみます。
立ちのぼる沼の香り。不安が募ります。

柔らかいです。ねっとりしています。
我が家の台所は、すでに沼地の中にあります。

バゲットに乗せるだけですから、作業は簡単。
あっという間にできあがり。

f:id:mamichansan:20150610112014j:plain
さあ、お食べー。
…ねえねえ、君たち、なに鼻つまんでんの?
こたつ猫「…ちょ、ちょ、ちょうだいのポーズだよ!」

遊んでいる場合ではありません。
今日の私は忙しいんだから!

食べました。

噛みました。

…しょっぱいです。

そして、あー!あとからニオイが!沼の底のニオイが!(嗅いだことないけど)。

ど、どうしよう、どうしたらいいのん、これ。
ひとりジタバタしていると、生来の笑い上戸のせいでしょうか、だんだんおかしくなってきて、笑いがこみ上げてきます。

は!

笑うとニオイが鼻に抜けて、更にとんでもないことに!笑うな、私!
息を、息を止めなければ!



苦しい。


しかしチーズはまだ残っています。食べなくてはいけません。

このままでは窒息死しそうなので、ジャムを足してみます。

f:id:mamichansan:20150610114915j:plain
おいしそうです。
見た目は。
食べてみます。

もぐもぐ。

…少しマシになった気がします!
あとから沼地が追いかけてくるけど。

これ、ほんとに好きなの?マイク…。

マイク「それ、全然たいしたことないから。もっとすごいの、いっぱいあるよ。」

日本人でよかった…。
神様、生まれ変わっても私を日本人にしてください。

今日の教訓。
「いただき物に文句を言ってはいけません。」
反省しています。