読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねえ、PTAってさ。

 

 

先日、友人から

 

SOS

 

が届きました。

 

今どき、SOSってめずらしくない?

 

どうしたの?と聞くと、彼女が言いました。

 

 

 

友「PTAのバザー係になってしまった!」

 

 

うん、バザー?お子さんの幼稚園の?

 

ふむふむ。なつかしいですね。

 

保護者で不要品を持ち寄って幼稚園で売るわけですね。

 

いいじゃないですか。

 

21世紀の日本。

 

どこのご家庭にも、探せば

 

不要品のひとつやふたつ、あるでしょう。

 

おまけに近頃の断捨離ブーム。

 

ステキなミニマリストのお宅の写真をお借りして、

 

さあさあ、あなたも不要品を売って、

 

こんなステキなミニマリストに♡っていう

 

プリントでも配ればいいんじゃない?

 

きっと不要品いっぱい集まるよ。

 

当日は忙しいだろうけれどもね、大変ね。って言ったら

 

 

 

 

 

 

友「ちゃうちゃう!全然ちがうねん!あんたちょっと人の話し、ちゃんと聞きいや!!」

標準語訳(ちがうちがう、全然ちがう!あなたね、少しは人の話しをキチンと聞きなさいよ!)

 

 

 f:id:mamichansan:20150704143749j:plain

 

こたつ猫1「怒られちゃったねえ。」

こたつ猫2「しょぼーんだねえ。」

 

まあ♡いつの間にやら、しょぼーんのこたつ猫が2匹に♡

か~わ~い~♡名前つける?

 

 

 

 

 

友「ちょっとっ!聞いてんの??」

 

 

 

え?あっ、ああ、うん、聞いてる聞いてる。(←テキトー)

 

 

 

友人の話しを総括すると、

 

バザー係とは、幼稚園のPTAが用意した布地などを使って

 

園児用のバッグや上履き入れ、給食ナプキンなどを

 

製作する人のことを指すようで、

 

私の友人は運悪く、その係になってしまったようなのです。

 

 

混乱しました。

 

園児用グッズなんて、どこにでも売っています。

 

もし誰かが自分の製作したものを売って寄付したい、というのならわかります。

 

でも、わざわざバザーのために製作しなければならない理由はなんでしょう。

 

しかも、下手をすると、

 

「ボタン取れちゃった、ボンドでつけとく?」

 

を素でやりかねない私の友人がその担当者って、

 

明らかな人選ミスとしか言いようがありません。

 

ちょっとそのシステム、おかしくない?と言いましたら、

 

 

 

友「あなたのその単純にして根源的な問いかけに対して

 

語りたい事は山ほどあるけど、

 

今、私は物理的に時間がないのよ。

 

休みは週に1日だけだし、育児も家事も実家の手伝いもあるしね。」

 

わかります、わかります。彼女が忙しいのは知っています。

 

それに彼女には、針に糸を通すことすら

 

むずかしいであろうことも知っています。

 

 

私も鬼ではありません。

 

大切な友人が困っているのを見捨てるわけにもね。

 

もちろん園児グッズ製作を引き受けました。

 

で、週末をつぶしてできたのがこちら。

 

 

f:id:mamichansan:20150704093433j:plain

 

ま、普通の園児グッズですね。

 

可もなく不可もなく。

 

布地もパーツもなにもかもギリギリ分だけ用意されていて、

 

これ以上のものができるはずもありません。

 

(あ、ちなみにミシン糸は入ってなかったですけどね。

どこの家にも青や水色のミシン糸はあって当たり前でしょ?ってことですかね?

今どき、そんなご家庭、あります?

それとね、「作り方説明書」ね、ものすごく不親切でした。

だれでもお裁縫くらい、できて当然、わかるでしょ?って感じ。

今どき、そんなことさらっとできる人、何パーセントいるんですかね?ね?)

 

 

それに、

 

勝手に工夫して、友人にまたバザー係がまわってきても大変ですから、

 

指示通り、指定通りに作りました。

 

 

もし、私が自分で自由に作るとしたら、

 

袋の中には内袋を付けますし、

 

カバンにはポケットの一つも付けるでしょう。

 

巾着にしても、ひもを工夫してリュックのように、

 

背中に背負えるようにしたでしょう。両手があくようにね。

 

 

なにが言いたいかといいますと。

 

「ハンドメイドなんだから、この程度でいいじゃん。」と思っているのなら、

 

もっと安い商品が、いくらでも手に入りますよ。

 

ということです。

 

 

 もっとはっきり言えば、

 

100円ショップで買った物を、150円で売っとけば?

 

ってことです。

 

わざわざ作らなくてもね。

 

 

 

いらないものをバザーで安く売る。

 

売る人も買う人も得をします。

 

でも今回、こんな中途半端なものを

 

わざわざ作って、売って、

 

いったい誰が得をしたんでしょうか。

 

「ありがとー!助かった!」

 

の言葉と共に、ビビるほどの図書券をもらった私でしょうか?

 

そりゃ、週末つぶしましたけどね。

 

私、その幼稚園とは縁もゆかりもないんですけども。いいんですかね、それで。

 

 

 

 

現在、PTAのお仕事をなさっている方、

 

PTAのお仕事が大好き!っていう方。

 

そんな方々には本当に頭が下がります。

 

尊敬します。ほんとですよ。

 

純然としたボランティア精神がなければ

 

なかなかできないことですから。

 

そういう方々を非難しているわけではないのです。

 

 

ただ、

 

現行のPTAは、あまりにも

 

「働くお父さんと専業主婦のお母さん」の、

 

一時期、確かに日本の標準モデルであった家庭をのみ

 

意識した組織になっているのではないかと言いたいのです。

 

 

いいか悪いかは別として、

 

「働くお父さん、専業主婦のお母さん」

 

の標準モデルは崩れた、あるいは崩れつつあります。

 

そして「標準」がないということは、すなわち

 

「人の、あるいは、家庭の数だけ事情がある」

 

ということです。

 

 

専業主婦ならミシン持ってるでしょ。

 

専業主婦なんだから、縫い物できるでしょ。

 

その考えが実態に即しているかどうかより、

 

そもそも、

 

専業主婦がお家にいないんじゃないんですか。

 

今の日本って。

 

 

前提となる基本のモデルが崩れているのに、

 

PTAのシステムは旧態依然としたままでは

 

矛盾や問題が噴出するのも当然ですよね?

 

 

 

もし今、

 

「なんでこんなことやってるの?」

 

「なんでこれ、やらないといけないの?」 

 

とPTAに対して思っている人がいたら

 

「もう、これ、やめませんか」

 

って言ってみてもいいと思うんです。

 

もしかしたら、みんな誰かがそう言ってくれるのを

 

待っているかもしれませんよ。

 

 

そして、

 

「私たちの時はやってたんだから!」

 

と思う人がもしいたら、

 

「昔は電子レンジなんてなかったんだから、あなたも使うな」と

 

お姑さんに言われたら

 

「はああ?」って思うでしょ、と言いたい。

 

 

「どうして専業主婦にばかりしわ寄せがくるのよ!」

 

と思う人がいたら、

 

だったら

 

PTAの仕事内容を

 

ガンガン減らせばいい、と思うんです。

 

 

たとえば、

 

誰が読んでるかわからないPTA新聞、

 

それでもどうしてもやめられないんだったら、

 

プロに頼んだらいいんじゃないですか?

 

最近の印刷屋さん、文章も書いてくれますよ。

 

プロですからね、そらもう

 

すごいハイセンスなものができますよ。ほんと。

 

 

それから、

 

だれかにものすごく手間をかけさせるくらいなら、

 

バザーなんてやめたらいい。

 

どうしてもやめられないんだったら規模の縮小を。

 

昔のように、不要品のやりとりで十分なんじゃないんですか?

 

 

 

まあ、それを決めるのに役員にならなきゃならないとしたら

 

だれでも二の足を踏みますよね。

 

それもわかるんです。とっても。

 

 

 

はてなブログの世界の中には

 

若い人がたくさんいます。

 

育児中の人も、これから結婚、出産って人も。

 

老婆心ながら申し上げます。 

 

まずは気楽に。

 

 

でももし、幼稚園・保育園について選択肢があったなら、

 

「園の教育理念」なんかより、

 

PTA行事や役員選出基準をチェックした方がいいですよ。

 

 

みんながややこしいPTAの幼稚園を選ばなくなったら、

 

そしたらPTAも少しは変わるかもしれません。

 

 

 

 

自分がやっているから、

 

自分も苦労したんだから、

 

だから後に続く人も同じことをしなければならない・・・。

 

 

ほんとにそうですか?

 

 

だったら、文明の進化や新たな発明も不要ですか?

 

 

私の祖母は幼い頃、山に薪を集めに行ったと話していましたが、

 

私にお風呂用の薪を集めてこいと言ったことはありませんよ?

 

 

 

バザーのために手作りって。

 

楽しいなら、いいんですよ?

 

イヤがる人にさせるほど、

 

それ、必要ですか?

 

ほんとに必要ですか?

 

 

そろそろPTA、変化が必要だと思うんです。

 

そう思いませんか?