読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねえ、ムーミン♪

何かが偶然、重なることってありますよね。


シュークリームを買って帰ったら


近所の方にシュークリームをいただいたり。



お店ですごくステキな歌を聞いて、


なんの歌だろうと思っていたら、


その日のテレビでたまたま同じ歌を聞いたり。





なんだか運命のような、偶然のような。





私が人生で一番驚いたのは、


学生の頃。


満員電車の中で、


目の前に立っていた女性が読んでいた本。


後ろから見えてしまうので、ついついこっそり読んでいたら夢中になりまして。(←よい子は真似しちゃダメ。ちなみに早くめくってよ!とか、思ったりしませんでしたから。・・・ほ、ほんとよ?)


で、あまりにおもしろいので、





「なんて本ですか?」




って聞きたいけれど、さすがに恥ずかしくて聞けなくて、それっきりに。


でも


2日後に本屋さんで、表紙買いした本が、


その本だったこと。



しばらく読んで、それに気づいたときは、


あまりのことに呆然としました。


そんな偶然って、あるんですね。



それから、


そういう偶然とか物事の重なりに、


なるべく注意するようにしています。


なにか、とても重大な意味や出会いが潜んでいるのかもしれないって。





で、最近の偶然。



本屋さんで、ムーミンあみぐるみの本をみつけたこと。


ほとんど同時に


ロバートがムーミンのCDをエミリーのために探し出したこと。


あるコンビニでムーミンフェアを始めたこと。


ぷちこんぶさんがムーミンあみぐるみ、編めないかしら、ってブログの中でつぶやいたこと。




ムーミンあみぐるみ本。


すごーく欲しかったのに、


無駄づかいな気がして買わなかったのですが、


ここまでムーミンが重なったら、


買わないといけない気がしませんか?









え?別にしない?















私はしたんですっ!






で、とうとう買ってしまいました♡


ジャジャーン♪



f:id:mamichansan:20150720193232j:plain



ムーミンの産まれた国、


フィンランドで出版されたとのことで、


テンションも上がりまくりなのですが、


編み図が載っていなくて、


編み物記号で編み方説明。


まあ翻訳物なので仕方がないのですが。




しかも、やはり、一般的な日本の編み方とは、


違っていて、編みにくくて仕方ありませんでした。


で、


少し編み方を変えて、編んでみました。


f:id:mamichansan:20150719155532j:plain

ムーミン「どう?」




遠い国のどこかのお家の窓辺にも、


これと同じムーミンが佇んでいるのでしょうか。



今も日本のどこかで


同じ本を見ながら誰かがムーミン


編んでいるのでしょうか。



そんな風に考えると


なんだか世界がとても小さく感じられて、


遠い国の友人たちにも


いますぐ会えそうな気がしてきます。




ちなみに、


学生の頃、電車で出会った運命の一冊。


それがこれ。

f:id:mamichansan:20150720195020j:plain

宮本輝作「春の夢」


今も大切な一冊です。