読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦の変なこだわり

 

はてなブログ」を始めて、

 

ちょっとだけ後悔したことがあります。

 

 

それは・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中の主婦ってこんなにすごいのっ!?

 

って思い知らされたこと。

 

 

ぴかぴかのきれいなお部屋。

 

レストランのようなお食事。

 

インテリア雑誌のようなお部屋のセンス。

 

色とりどりのお花を咲かせるガーデニングテクニック。

 

 

細やかで繊細な

 

「趣味のいい」暮らし・・・。

 

 

 

 

いけません。

 

いけませんよ?

 

 

特に独身男性は、これが当たり前だと思ってはいけませんからね?

 

 

はてなブログ」の中の主婦のみなさんは、

 

「特殊な例」

 

だとお考えになった方がいいのです。

 

 

そのほうが、後々幸せになれますからね?!

 

絶対です!(←特に私の家族に向けて力説中です。)

 

 

 

そもそもマミーは「意識低い系」の主婦ですから、

 

お掃除をがんばった日はお料理が手抜きになるし・・・

 

お料理をがんばった次の日はメニューがまた手抜きに・・・。

 

要するに、あちこち手を抜きまくった生活をしています。

 

 

 

ところが。

 

ここたった二日間、家を空けて、

 

時間がないものですから、

 

 

「今日の夜ごはん、お好み焼きでいいか・・・」

 

 

とお好み焼きを夕食にしたら、

 

罪悪感が半端なく襲ってくるのです。

 

 

(今までだって、お好み焼きが夕食ってよくあったのに。

母の大好物だし、大阪ではお好み焼きがおかずって、当たり前なんですよ・・・。)

 

 

 

まあ要するに、

 

家のことをがんばったわけではないのに、

 

手抜き料理を夕飯にした、というところが

 

罪悪感の発生源なのでは、と思います。

 

 

 

かつて、企業で働いていた頃は、

 

食事が作れないことに罪悪感を持ったことはありませんでした。

 

 

そもそも夕食時に家にいられないこともザラにありましたし、

 

自分の立場の軸足が、

 

「企業に勤めている」側にあったのでしょう。

 

 

(でも今は、新しい仕事を始めたといっても、

 自分が「専業主婦」である方に、重きを置いているのがわかります。)

 

 

 

でもでも、

 

しつこいようですが、

 

はてな」の中の主婦のみなさまは「特殊事例」でして、

 

不器用なマミーが、

 

 

仕事してー

 

そっから豪華ごはんを作ってー

 

それからお家もキレイにキープしてー

 

 

なんて、不可能なのです!絶対(キリッ!)

 

 

 

ということで、

 

2日続けての手抜き料理が続いたことを反省しー、

 

お休みの今日は、久々に、

 

めんどうだなー、のお料理を。

 

 

 

f:id:mamichansan:20151003205320j:plain

 

ええっと、海老とジャガイモのコロッケ・・・。

 

 

期待したみなさま、ごめんなさい。

 

コロッケです。はい。

 

 

だけど意外と面倒なんですよ・・・コロッケって・・・。

 

 

パン粉をフードプロセッサーで細かくして、

圧力鍋でジャガイモ茹でてマッシュして、

タマネギ刻んで海老の下ごしらえして、

炒めてジャガイモ混ぜて、味付けして、

コロッケの形に成形して、

で、フライの衣つけて、さらに揚げる。

揚げ油のお片付けつき・・・。

 

 

ちなみに、

 

私がお店でよく悩んでしまうお総菜のトップがコロッケでもあります。

 

これだけ面倒なのに、

どうしてあんなに安いのかしら?

コロッケって。ねえ?(←割とどうでもいい謎。)

 

 

 

 最後に。

 

 お仕事を始めるに当たり、

 

みなさまからたくさんの

 

激励のコメントをいただきました。

 

そのひとつひとつが

 

私の心をあたたかく励ましてくれました。

 

 

本当に感謝しています。

 

ありがとうございました。