読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これもまた奇跡と思う

 

先日、ある1冊の本と出会いました。

 

書き出しはこうです。

 

 

 

「すみれちゃんは、大の愛鳥家である。」

 

 

f:id:mamichansan:20151031200835p:plain

ポプラ社 「リボン」 作者 小川糸 

宝物は、一緒に過ごした時間のすべて。

ある日、なかよしのおばあさんと少女が小さな鳥の卵を見つけ、ふたりで大切にあたためはじめる。
少女のてのひらの上で生まれたのは、一羽のオカメインコ
黄色い小鳥は、羽ばたきとともに人々をやさしく結びつけていくのだった。(帯より)

 

 

この本の中には、

 

いわゆる「イヤな人」は出てきません。

 

みんながただただ毎日を、

 

賢明に生きているだけです。

 

 

それでも、

 

全編を通じて、

 

そこには

 

「かなしみ」があります。

 

「せつなさ」があります。

 

 

「生きる」ことにつきものの、

 

「別れ」を予感させる、かなしみとせつなさが。

 

 

けれども、作者は

 

小さな鳥を通じて語り続けます。

 

 

「だいじょうぶ、こわくないよ。」と。

 

 

やさしくされることで、

 

自分もまた、だれかにやさしくなれるような。

 

そんな気分にさせてくれる1冊でした。

 

 

 

 

そして・・・・・・。

 

 

この本と出会ったときに、

 

私の頭の中に、真っ先に浮かんだのは、

 

もちろん

 

happy-ok3さん。

 

 

siawasetori.hatenablog.jp

 

鳥に関する愛情と情報がたっぷり詰まったブログを紡ぐ、

 

私の大好きなブロガーさんです。

 

 

「リボン」から、その一節を引用します。

 

「頭のてっぺんを搔いてやると喜ぶのは、相変わらずだ。妻は、その行為をカキカキと言う。カキカキ、妻が声にするだけで、スー坊はとことこと近づいてきて、催促をするようにぺこりと頭を下げる。」

 

 

この一節を読んでいる間、

 

私はもちろん、笑顔になりました。

 

「カキカキ」・・・

 

思いがけない場所で、

 

思いがけず、happyさんのブログに、

 

再会したような。

 

 

そして、

 

今回「リボン」を読んで、

 

私は自分が思っているよりずっと、

 

happyさんのブログがここ最近更新されていないことを

 

寂しく思っていることに

 

気がついたのでした。

 

 

小説「リボン」のラスト、

 

登場人物に、ある奇跡が訪れます。

 

そして彼女は思います。

 

「だって、私たちの魂は、見えないリボンで永遠につながっているのだから。」と。

 

 

最後に、

 

最近、本当に感動して、

 

しばらく声も出せなかったブログを紹介します。

 

ley-line.hatenablog.com

 

「リボン」

 

そして

 

「インドラの網」

 

 

お目にかかることも、

 

ふれることもできませんが、

 

「ブログでの繋がり」を、

 

大切な「縁」に感じる。

 

それもまた、

 

私には、

 

得がたい奇跡に感じられてならないのです。