読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

編み物の理由。

先日、倉敷を訪れたとき、お土産屋さんの店頭で、娘がかわいいヘアゴムを見つけました。

こんなの。

f:id:mamichansan:20170417150542p:plain

金平糖みたいなビーズがついたヘアゴム。

 

平素、「おしゃれ」には全く無縁の娘ですが、めずらしくこのヘアゴムを「ほしいなあ」と言い出しました。

どういう風の吹き回しやら。

なので、

 

「こんなヘアゴム、倉敷とは何の関係もないやん、どこででも売ってるでしょ。」

 

と言いたい気持ちをぐっとこらえ、めったにないことだもの、とひとつを買って帰りました。

 

そうしたら、そのヘアゴム、帰阪後いきなり「ぶち!」と切れました・・・。

せっかく娘がめずらしく、かわいいヘアゴムをつける気になったのに。

 

でもめげない。

がんばりました。

f:id:mamichansan:20170417150321j:plain

淡い緑のレース糸でシュシュを作って、ビーズをそちらに移しかえました。

下の黒いミミズみたいなのが切れちゃったゴムね。

 

ほっとくと、娘はこればかりつけて学校に行くので、ついでに他のも。

f:id:mamichansan:20170417145451j:plain

ひたすらフリルを寄せて編んでいくだけなので簡単なのですが、単調過ぎて、眠い作業です。

よく見ると、

 

f:id:mamichansan:20170417145403j:plain

ちょっと脳みそみたいな、

f:id:mamichansan:20170417145436j:plain

あるいは、「鯛の子のうま煮」みたいな・・・。

でも、二重にして髪につけると豪華で華やかなんですよ。ほんとほんと。

 

 

私がこういう単純な作業を延々とくり返し始めてしまうのは、

たいてい、なんらかの「不安」がある時と決まっていて・・・

今回はやはり、あまりにも急激に「きな臭く」なっている世界情勢が原因なのかもしれません。

 

シリアで小さな子どもたちが、サリンと思われる毒ガスの攻撃を受けているニュースは、あまりにも衝撃的でした。

アフガニスタンに投下された大規模爆風爆弾(MOAB)の映像にも気が塞ぎます。

もちろん最近の北朝鮮の動向にも。

 

人間なんて、ほんとに脆いものなのにな、と思います。

地震津波の後にもそう思いました。

あまりにもあっけなく、唐突に奪われてしまう命なのに。

余計なことをする必要なんてひとつもない。

放っておけば、どのみち誰もかれもみんな、例外なく死んでしまうものなのに。

 

私たちにあらかじめ与えられた腕は2本しかありません。

 

そのたった2本の腕を、誰かを苦しめるためよりは、誰かをいたわり、支え、助けるために使えたら、と願うのは、今の世の中では、あまりにもきれい事過ぎるのでしょう。

 

せめて、誰の邪魔にもならないよう、編み物でもして、腕をふさいでいたいと思う毎日です。

 


鈴木重子 Shigeko Suzuki - Fragile (Sting Cover Song)