読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痛い、疲れた、おいしい。

 

あのね、

 

今日ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こけました。仕事場で。

 

 

痛いです。くっすん。

 

 

 

文字通り、子どもみたいに、

 

見事なまでに転びました。

 

 

一点だけ、子どもと違うところは、

 

 

 

 

 

 

すぐには起き上がれないってこと。

 

さらにくっすん。

 

 

そろそろーっと、

 

「うん、どこも折れてない!」

 

と確認してから起き上がり、

 

周りに誰もいないことを確認してから

 

そそくさとお部屋に戻りました。

 

 

 

戻ってから、

 

「笑いをとれる絶好のチャンスだったのに!」

 

とか考えるあたり、

 

典型的な大阪人です。

 

 

で、こういう日って、

 

大抵のことがうまくいきません。

 

 

頼りにしていた助っ人が来なかったり、

 

変な虫に遭遇したり、

 

よかれと思ってしたことが裏目に出たり。

 

 

 

 

世の中、とてもささいなことにも、

 

文句を言う人がいるんだなあ、と思うと

 

なんだかとてもおかしくて、

 

さらに、

 

痛む右腕が、

 

転んだときのことを思い出させるものですから、

 

さっきから、

 

くすくす笑いが止まりません。

 

 

なんだかうまくいかない日。

 

若い頃は、

 

もっとくよくよしていたような。

 

 

でも、

 

歳を重ねるごとに、

 

細かいことは、軽くいなせるようになった気がします。

 

 

おまけに今日は、

 

昨日から仕込んでおいたフライドチキンが

 

うまく揚がって、

 

一日の終りにご機嫌になりました。

 

f:id:mamichansan:20151102213610j:plain

 

ハーブソルトをふったところ。盛りつけ前(下手なので・・・盛りつけ)

 

 

白ワインが切れてて、日本酒だったけど、

 

ローリエも切れてて、ネギの青いところを使ったけど、

 

でもおいしかったです。

 

 

「おいしい」ものって、

 

何かイヤなことを「リセットする」

 

力がある気がします。

 

 

少し忙しくても、

 

しんどくても、

 

ちゃんと食べていたら、だいじょうぶ。

 

 

って、聞いてる?

 

ねねちゃま、ミミちゃま。

 

 

 

あちこちのおいしそうなお料理ブログを見て

 

「食べた気になった」だけではいけません。

 

きちんとほんとのご飯を食べましょう。

 

 

私もちまこさんやmuraさん、marcoさんのごはんを見て、

 

ほほー♡と感心してるだけじゃなく、

 

少しはお料理にも手をかけなきゃなあ、

 

と思う夜です。

 

(でも右腕痛い!ってしばらくサボる予定!ふふ。)