経理の敵。

みなさま、こんばんは。 もう時効かな、と思うので、今日は昔お勤めしていた会社での思い出話などをひとつ。 大学を卒業してすぐ入社した会社で私は財務部に配属されました。 いわゆる「経理」のお仕事です。 大学の専攻とは全く畑違い、経理の知識など皆無…

メメント・モリ 死を思う絵本。

今週のお題「読書の秋」 みなさま、こんばんは。 ネタが無くて困りまくって、「今週のお題」に乗っかります。 実は以前、ブロ友さんから「未就学児の子どもが「死」をコワがるので、いい絵本はないだろうか」と聞かれたことがあります。 難しいですよね。「…

気が利かない夫にイラっとする日。

みなさま、こんばんは。 「気が利く」「気働き」「気配り」 なんて言葉をよく聞きます。 人間関係を円滑にするために、これらの概念はとても大切なことだろうと思うのですが、日常生活で常に意識し続けるのってなかなか大変ですよね。 私も常から粗忽者で通…

今でもいるのかな「聞いてへんおじさん」~年をとってよかったって思うこと。

みなさま、こんばんは。 最近、自分が「老けたなー」と思うことが多くなりました。 白髪は染めなきゃいけないし、薬やお化粧品の効能書きを読むときに、見えにくいな、と感じたり。 娘が自分の指のさかむけ(ささくれ)をよく見えるようにと「ほら~!」とこ…

こんなん出ましたけど。(古っ!)

先日。 ボランティア先の小学校で、メンバーと一緒に図書室内のお掃除をしました。 室内には、ずっと気になりながらも手を付けていなかった棚がありまして。 みんなで今日こそは!と整理に挑戦してみたのです。 由来のわからない雑誌や古い辞書、小冊子をよ…

「読み聞かせ」の醍醐味を教えてくれた絵本。

みなさま、こんばんは。 先日、ボランティア先で読み聞かせをしていて、とってもうれしいことがあったのです。 その日読んだ本はこちら。 「みつけてん」 ジョン・クラッセン著、長谷川義史訳、クレヨンハウス 私の大好きな絵本、 「どこいったん」「ちがう…

結局夫が一番失礼だった話。

みなさま、こんばんは。 私には年子の弟がいるのですが、就職して関東に転勤してから、ほとんど会うことがなくなりました。 考えれば不思議な感じがします。 子どもの頃にはどこに行くにもいつも一緒だったのに、大人になるときょうだいであっても疎遠になっ…

中高生にめーっちゃオススメ、YA文学3選。

みなさま、こんばんは。 しつこいようですけれど、小学校で読み聞かせのボランティアをしております。 「めんどくさ~い」と「おもしろ~い」が半々・・・(いや、ウソです、ほんとは「めんどくさい」が7割くらい・・・) でも、メリットがないわけではあり…

運動会と発達障害児と涙の思い出。

みなさま、こんばんは。 街中に金木犀の香りが漂う季節となりました。 近隣の学校からは太鼓や音楽、子どもたちの歓声が聞こえてきます。 運動会の季節でもありますね。 娘が通う学校の運動会は6月に終わってしまいましたが、小・中学校では今がシーズン。…

理想の男性が恩人になった、そして夫への嫌がらせ。

みなさま、こんばんは。 唐突ですが、みなさまには「理想の異性」っていらっしゃるでしょうか。 その質問に「マリリン・モンロー!」と即答したのは高校時代の先生で、「時代」を感じたものでした。 今なら誰になるのかしら。 ちなみに私の理想の男性はとい…

夫と性格が合わない。

みなさま、こんばんは。 先日のこと。 仕事から帰ってきた夫が突然、こんなことを聞いてきました。 「ねー、ねー、夫としての俺って、何点くらい?」 なんやのん、唐突に。と思いつつ、「うーんとねえ。」としばらく考えて言いました。 「90点くらいかな。…

料理下手だけど料亭の味に挑戦してみた。

みなさま、こんばんは。 先日、Jさまのブログを読んでいたら、とってもおいしそうなお料理が。 psp-pagf.hatenablog.jp 山芋の素麺なんですって。(Jさま、お写真拝借いたしました。問題があるようでしたら、すぐに削除いたします。事後報告ですみません。…

香水より柔軟剤が臭いと思う私は異常でしょうか。

みなさま、こんばんは。 先日、「はてな匿名ダイアリー」で、「香水をつけている人は自己中」だとかなんとかいう記事が話題になっていましたね。 匿名で自由に人が意見を言える時代・・・本当に「いろんな人がいるなあ」という感想を持ちました。 香水をつけ…

宮沢賢治がわからないって言ったらアホの子扱いされた。

みなさま、こんばんは。 先日、ボランティア先の図書室で、他のメンバーとごそごそ作業をしていたら、めずらしく宮沢賢治の本が大量に貸し出されていることに気づきました。 「めずらしいねえ。」 「本棚から動いてるの、初めて見たかもしれへん。」 「もう…

ワンオペ育児なんてやっぱり不可能だと思う。

みなさま、こんばんは。 育児の話が続きました。 育児に関する情報は日進月歩、日々改定・更新されていくものですから、すでに娘が大きくなった今、私が抱えている育児に関する情報なんて、もう、「化石かシーラカンスかよ!」っていうくらい、かび臭いもの…

子どもの泣き声がうるさいと聞いて思うこと。(子育ての思い出・5)

みなさま、こんばんは。 我が家の娘も高校生になって、毎日電車通学をしています。 「ひとりで電車に乗って学校へ行く。」 それは至極当たり前のことなんですが、朝、子どもを見送るたびに「大きくなったなあ」としみじみします。 逆に、私がひとりで電車に…

子どもにかけるのと同じ手間を夫にはかけていられない。って話。

みなさま、こんばんは。 先日、「好き嫌いなく何でも食べる子になってほしくてがんばったこと」っていう趣旨の記事を書いていたら、ふと mamichansan.hatenablog.com 結婚当初、あれだけひどかった夫の偏食もずいぶんとマシになったなあ、と思いました。 新…

苦手なお料理ってなんですか。

みなさま、こんばんは。 私の「主婦歴」もそれなりの年数になるのですが、「はてな」を始めてからというもの、 「主婦です。」 と言うのが苦痛になりました。 だってねえ。 「はてな」の中にはお料理もお掃除もインテリアセンスも、まるでプロ並みの主婦がい…

30周年・なにわ淀川花火大会

先日、8月4日のことになりますが、大阪では30回目の淀川花火大会が催されました。 なにわ淀川花火大会。 もう30回目なのかあ、という感慨があります。 初回大会は平成元年。 私はまだ大学生で、母とふたりで自宅近くの河川敷から花火を見たのでした。 …

せっかくお金持ちだったのにね…モテなかった後輩のこと(子育ての思い出・4)

またまた昔の話になりますが。 大学を卒業後、ある企業で働いていたころ、隣の課に「もんのすごい」お金持ちの男の子が入社してきたことがあります。なんでも大阪の一等地にいくつも自社ビルを抱える会社の御曹司とかなんとか。 私が勤めていたのはどことな…

赤ちゃん連れの通院は無理ゲーでした。(子育ての思い出・3)

みなさま、こんばんは。 子どもが小さいうちって、いろんな苦労や制約があるものですけれど、 その中でも「大変だったなー」ってしみじみ思うことってなんでしょう。 私の場合、「通院」でした。 もちろん、子どもの具合が悪い時には、どんな状況であっても…

怒らない夫が泣くほど怒った日。(子育ての思い出・2)

みまさま、こんばんは。 今日は育児中だったころの、我が家の夫についてお話ししようと思います。 当ブログにたびたび登場する我が家の夫。 時々「むか」っとすることもありますが、根はやさしくて善良な人です。(力持ちではありません。) また、超がつく…

天使に会った夜。(子育ての思い出)

みなさま、こんばんは。 実は3年前、ブログを始めるにあたって、夫に言われたことがあります。 それは「娘のことはなるべく書かないように。」ということ。 当時、娘はまだ中学生。 夫にしてみれば、彼女の個人情報については、どれほど慎重であっても十分…

政治家ってそんなに偉いん?

みなさま、おはようございます。 今朝のことなんですけど。 私ねえ、いつもよりすっごく丁寧にお化粧してたんですよ。 ファンデーションも念入りに~。 パウダーもせっせ、せっせと。 んでね。 「なんで今日に限ってこんなに一生懸命お化粧してるんだろうな…

初めてのブラジャーの思い出。

みなさま、こんばんは。 今日は「ブラジャー」についてお話ししてみたいと思うんです。 自分で言い出しといてなんですけど、ちょっと照れちゃいます、いい年なのに。 女性のみなさま、初めてつけたブラジャーのこと、覚えていらっしゃいますか? 男性のみな…

すべてはあの日から始まった。阪神淡路大震災が関西地方に残したもの。

みなさま、こんばんは。 地震のお話が続くことをお許しください。 6月18日の大阪北部地震から約半月、やっと地震のことをブログでお話できるくらいまで、気持ちの整理がついてきました。 地震ってほんとに怖いですよね。 なにが怖いって、揺れもそうです…

出会う前から、夫との共通の記憶。それから地震のこと。

みなさま、こんばんは。 ずいぶん前に亡くなりましたが、私の母方の祖母は7人の子どもを産み育てた、典型的な明治の女性でした。 7人! 想像するだけでも「ふらっ」とします。 子どもってひとり育てるだけでも大変なのに。 で、夫の母方の祖母もまた、偶然…

東京に行かなくても食べられた!

先日。 marcoさんからまたまたすごいものをいただきました。えへ。 すごい。 marcoさんのブログでは見たことあるけど、ご近所のスーパーでは全然見つけられないものばかり。 まず最初に感動したのが、緩衝材として入ってた、新聞。 英字新聞!なん…

夫に腹立つ。その3。

みなさま、おはようございます。 最近、当ブログでは、めずらしくも夫を「褒める」内容が続いておりますが、 先日、それを読んでいた夫が言いました。 「わかった!持ち上げてから落とす作戦やな!」 ・・・なんという被害妄想。 別にそんなつもりは、 全く…

通天閣は別天地

先日、食事中に母が言いました。 「お母さん、通天閣って登ったことないわー。」 って。 通天閣ね。 確かに大阪のシンボルのうちのひとつなのでしょうけれども、シンボル的存在だからと言って、誰もがそこを訪れるわけではないですよね。 たとえば京都タワー…