読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまにはハリネズミ part 2

こんばんは。マミーです。


昨日、親しい友人に言われました。



「あなたのブログってさ、」


うんうん?

















「コメント欄がおもしろいよね。」














「コメント欄がおもしろいよね。」












「コメント欄がおもしろいよね...。」

f:id:mamichansan:20150624185329j:plain

こたつ猫YUKI「・・・正直さって時に残酷ですな。」



震える声で

「ほ、本文は?」

と聞こうかと思いましたが、

やめておきました。

真実は知らない方がいいこともあるんですよ。

ほんとです。



件の友人は「はてなブログ」をやってはいませんが、

みなさま、

このブログはみなさまのご協力あってこそ!

あらためてお礼を申し上げます。

いつも本当にありがとうございます。









前置きが長くなりました。

本日、我が家では、2代目ハリネズミくんが誕生しました。

f:id:mamichansan:20150624185409j:plain

2代目ハリネズミくん「ちょっとぉ、写真ボケボケじゃない?」


う、うん、そうね、ごめんね。

でもアラが見えなくていいんじゃないかな?





先日、ぷちこんぶさんからブタさんとハリネズミがほしいな、と

言っていただいて、

こんなの、ほんとに欲しい人がいるんだろうかと

半信半疑になりつつも、

とにかく編まなくては!!と焦りまくる私。


京都に行ったことなんか報告して、

「遊んでないでさっさと編めよ!」とか

思われてたらどうしようかとドキドキ。


あ、編んでましたから!

と言い訳しつつ・・・

f:id:mamichansan:20150624185434j:plain

前作のハリネズミくんと一緒に。

f:id:mamichansan:20150624185458j:plain

ハリネズミくん「存在の耐えられない重さ。」

f:id:mamichansan:20150624185517j:plain

ハリネズミくんとネズミ先生。かわいい(自画自賛)。


手仕事なので、全くおんなじものができなくて

ちょっと違う感じになってしまったハリネズミくん。


気に入ってもらえるといいな。