読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋に落ちたら。

 

任天堂とびだせどうぶつの森

 

相変わらず楽しんでいます。

 

最近、また「森」で、新しい友人ができました。

 

 

フランス人AとB。

 

Aの話しでは、二人はカップルだそうで。

 

 

 

外国では恋人同士や夫婦で一緒に「森」を楽しんでいる人が多く、

(日本では母子が多いです)

 

 なので、ふたりのことは

 

よくあることと、

 

気にもとめていませんでした。

 

 

でもこのAという若いフランス人男性、

 

英語がキライなのか(マミーみたい)、

 

ちっとも話しがはずまないのです。

 

勢い、彼女であるBに、Aのことをいろいろ聞いていましたら、

 

 

ある日。

 

 

B「ねえ、なんで私にAのこと聞くの?」

 

 

・・・なんでと言われましても・・・

・・・カップルなんでしょ?

 

 

B「ちがう!」

 

 

・・・は?

 

 

B「私、どっちかと言えば、彼のことはキライよ!

 

だって彼、

 

strange

 

なんだもの!」

 

 

 

 

A・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脈なしやん・・・。

 しかも全然・・・。

 

 

 

 

どうしてAが彼女のことを恋人だと言ったのだろうかということはさておき、

 

ああ、また余計な事を言ってしまった!

 

と落ち込むマミー・・・。

 

 

もういっそ、彼らのデータを消して

 

逃亡したい気持ち。

 

 

次に彼らと話すとき、

 

いったいなんて言えばいいのやら。

 

 

ひとり、自分の迂闊さに悶々としていましたら、

 

次の日。Aが・・・。

 

 

 

 

 

A「ボク、Cのことが好きなんだー♪」

 

 

 

 

 

 

・・・は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰やねん、Cって。

 

 

 

 

心配して損した!

 

マミーはもう、

 

恋愛がらみで若い人の事は心配しません!

 

絶対!!!

 

 

ぷりぷり怒りつつ、

 

恋愛って、難しいなあ、とか

 

でも、やっぱり

 

誰かを好きになる気持ちってステキだなあ、とか

 

しみじみ考えてしまいました。

 

 

そういえば、 

 

我が家のムーミンもひとりぼっち。

 

ちょっとかわいそうなので、作ってみました。

 

f:id:mamichansan:20150923130613j:plain

 

スノークのおじょうさん「どう?」

ムーミン「このハートあげるよ。」

 

 

どこの国のどんな人にも、

 

ステキな恋が訪れますように。

 

 

 

 

最後にみなさまにお願いが。

 

 

しつこいようですが、機械に弱くて、

 

相変わらず、「はてな」の使い方がよくわかりません。

 

 

「ブックマーク」とか「コメント欄」とか

 

なにがどう違うんでしょうね?

 

 

で、

 

ものすごくたくさんの読者の方がいらっしゃるのに、

 

コメント欄が空白だったりすると、

 

「コメントしてはいけないのかな・・・?」

 

って、怖じ気づいたりしています。

 

 

もしかしたら

 

「いちいちコメント鬱陶しいねん!」

 

「ブックマークにしてくれたらいいのに!」

 

とか、思われてたりするのかな、

 

と考えて、日々不安になっています。

 

 

もし、

 

「コメントは面倒」

 

とか、

 

「ブックマーク希望」

 

 

とかのご希望がございましたら、

 

どうかお知らせくださいませ。

 

メモを持って待機しています。ふふ。

 

 

それから、毎回、つまらない記事しか投稿できていないにもかかわらず、

 

新たに読者登録していただいた皆さま、

 

感謝の気持ちでいっぱいなのですが、

 

 

「なにかの間違いでは・・・?」

 

 

と、うじうじしている間に、

 

いつもお礼の機を失してしまいます。

 

 

この場で、あらためてお礼申し上げます。

 

いつも本当にありがとうございます。

 

今後とも、どうかよろしくお願い申し上げます。