読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冬の思い出

 

 

昨日、以前お話しした「センスのいい友人」Yさんから

 

手作りリースが送られてきました。

 

f:id:mamichansan:20151107153043j:plain

 

うーん。さすが。

 

うれしくって、早速飾っています。(ちなみに写真は彼女のお宅。我が家はもっと汚いです・・・とほほ。)

 

ハロウィンが終ったばかりなのに、

 

クリスマスが近い!

 

と、気分も華やかになります。

 

 

Yさんとは、以前同じ町に住んでいて、

 

その町では、

 

彼女の他にも、いい友人がたくさんできて、

 

おそらく、私の人生の中で、

 

あれほど幸せだった時期はないと思えるほど、

 

毎日が明るい光に満ちていました。

 

 

でも10年ほど前の春のこと、

 

その中の、ある友人が病に倒れました。

 

余命は4ヶ月から1年。

 

彼女には、保育園に通うお子さんがふたり。

 

 

どうしても、死ぬわけには。

 

そう思った彼女の闘病生活の内実は、

 

とてもここでは語れません。

 

まさに「壮絶」としか、言えないものでした。

 

 

ある日。

 

急に入院することになった彼女から、

 

「病院に来たのはいいんだけど、水もなくって!」

 

とメールが来たことがありました。

 

もう外は真っ暗で、

 

冬の冷気が窓越しに感じられる時間帯でした。

 

でもYさんは即座に言いました。

 

「行こう」って。

 

 

私たちはお店に寄って、

 

持てるだけの水やら、

 

薬の副作用がキツい時でも食べやすそうなものを買いあさって

 

彼女の元へと駆けつけました。

 

 

冬、Yさんと話す時、

 

いつも、必ずあの夜のことを思い出します。

 

とても冷静で、おっとり上品な人なのに、

 

いざというときに

 

行動が早いというのは

 

とても大切なことに感じられます。

 

 

とりたてて何の取り柄もないマミーですが、

 

彼女のような友人を持っていることが

 

なによりの、自慢です。

 

 

 

で。

 

入院していた彼女ですが・・・、

 

 

元気です!

 

仕事もバリバリやってます。やりすぎるほど・・・。

 

 

毎回、

 

「こんなに忙しくしてたら、

 

またマミーさんに叱られる~♪」

 

って、メールを送ってきます。

 

わかってるんなら、どうして無理をやめないのか、

 

一度、膝詰めでお説教をしないと!と思っています。

 

わりとマジで。

 

 

 

さてさて

 

ところでみなさま、

 

全く関係のない話しになりますが、

 

実は私、若い頃に椎間板を痛めたらしく、

 

常時、腰に痛みを抱えて生活しています。

 

お医者さまには、

 

「脳と椎間板は一度損傷すると、絶対治らない!」

 

と宣言されて、

 

「えええええ、私、もっとバカになるんですか!?」

 

と聞き、「なんの話し?」って怒られました。(←マジ)

 

 

なので、椅子に座ってパソコンに向かい、

 

手をマウスの上に置く、という姿勢を

 

長時間続けるのは、なかなかつらいものがあります。

 

で、くだらない言い訳になりますが、

 

コメント欄は立って、机に腕をついた姿勢や、

 

携帯で読んでから、

 

まとめて一気にスターを付けたりしています。

 

 

勢い余って自分のコメントにスターをつけて

 

ちまちま消したりね・・・とほほ。

 

 

でも、そういうスタイルが、

 

「ちゃんと読んでないのでは」

 

とか、

 

「かえって不愉快」

 

などの感想をもたらしているのでは、

 

と思うようになりました。

 

 

それから、

 

ブックマークや、コメント欄についても、

 

調べるたびに

 

いろんな意見があって、

 

もう、なにがなにやら、

 

つけていいのか、悪いのか、

 

・・・なにがしかの「感動」があっての「ぽち。」であっても、

 

それも

 

「互助会」っていうんですか?

 

そういうものだろうと、勘ぐられては、

 

もう、「無言でいる」のが一番なのではないのだろうかと

 

最近、強く思うようになりました。

 

 

 たくさんの人に支えられて

 

ブログを楽しんできましたので、

 

私が起こす、どんなアクションも、

 

どなたに対してであっても、

 

失礼でありたくはありません。

 

 

なので、

 

一度、このあたりで、

 

はてなブログ」から存在を消したいと思います。

 

 

閉鎖しよう!

 

と思って、ふと気づく・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やり方がわからない・・・。

 

 

とほほ。

 

 

最後まで、なんだか、「しまらない」感じですが、

 

これもマミーらしいなあ、と

 

笑ってお許しいただけるとうれしいです。

 

 

 

 

私の友人は、奇跡の復活を果たしました。

 

きっと、私や友人の祈りが届いたのだと

 

勝手に思っています。

 

意外とマミーの祈りは通じるのかも。ほほ。

 

 

これからは

 

大好きなみなさまのご多幸とご健勝を

 

毎日お祈りしつつ、

 

みなさまのブログを「黙って読む」一ファンになりますね。

 

 

 

いままで、本当にありがとうございました。

 

どうぞ、いつまでも、お元気で。

 

f:id:mamichansan:20151107153842j:plain

 ああっ、ムーミンママのエプロンが巻き上がってる・・・くっすん。