読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまには「羊のショーン」

高校時代の同級生が歯医者をやっています。

今は大ベテランの彼女ですが、

彼女が歯学部に通っていた頃は、

そのあまりの過酷さ、大変さに呆然としたものです。

特に..............













「解剖」












人間の。
(動物もね...。)



初めての人体解剖の日は、内心、

「こんなこと人としてできない。」と思えて号泣、

「だから女はダメなんだ!出て行け!」

と先生に怒鳴られ、

「すみません。すみません」

と何度も泣きながらあやまったとか。




「抵抗もなく、ざくざく切れちゃう人よりも、

あなたのような人にこそ、医療従事者になってほしい。」

当時の私はよくそう言って彼女を励ましたものです。



で、現在。





「痛いですよね?絶対、絶対痛いよね?!

え、麻酔??でもでも!

麻酔の注射、痛いよね?」





と、わめく成人男性患者に

「わかりました。じゃあ」












「麻酔無しでやりましょか?」





とまで言えるようになった彼女。

えらいまた、たくましく育ったねえ。

と、誰よりも繊細でやさしく、

言いたいことの半分も言えなかった昔の彼女を知る私としては、

目を見張るばかりです。



で、そんな彼女。

昔から子どもが大好きで、母性に満ち満ちた女性なのですが、

就いた職業は「歯医者」。そう



「子どもの敵」。




毎日毎日子どもたちに泣きわめかれ、

それがつらいと、よく漏らしていました。

で、ある日、ふと、


「歯科衛生士スタッフは泣かれてないやん!」


と、思ったらしく、

制服を借りて、診察へ。

聞いた瞬間、思いました。













「無理がある。」












案の定、いつも通り泣きわめかれて、

「子どもってさ、賢いんやね........。」

あの日の彼女の表情は

たぶん一生忘れられないと思います。















おもしろかったから。(←ひどい)





そんな彼女にこたつ猫を見せたら

「羊のショーンがほしいなあ。」

と言われたので、がんばってみました。

f:id:mamichansan:20150616194237j:plain
ショーン「どう?」


今は彼女のお家でダラダラしているショーン。

毎日忙しい彼女の癒やしになってくれていたら、うれしいです。




編み上がってから気づいたのですが、

ほんとのショーンより、ちょっぴりふとっちょさんになりました。



あの、それでですね.........。

関係ないんですけども。



太った猫ってかわいいと思いませんか?

ハムスター、まるまるしててかわいいですよね?

ショーンもちょっと太ってても許容範囲ですよね?








.........人間だけは太ってたらNGって。





わかってますけど!

十分わかってますけども!!!

納得したくない私です。