読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも感謝。

 

こんばんは。

  

先日、

 

「久しぶりにお仕事に行きます。」

 

ってお話ししましたら、

 

その後、皆さまから

 

たくさんの励ましのコメントをいただきました。

 

 

それから、

 

ブログを更新する度に、

 

「お仕事どうですか?」

 

「お疲れさまです。」

 

「無理しないでくださいね」

 

こんなコメントもたくさんいただくようになりました。

 

 

皆さまのあたたかいひとことが、

 

私にとっては、

 

どれだけ励みになっていることでしょう。

 

皆さまには、

 

感謝してもしきれない気持ちでいっぱいです。

 

いつも本当にありがとうございます。

 

 

実のところ、職場では、

 

まだまだ誰かの役に立つほどの技量はなく、

 

右往左往しているだけの毎日・・・。

 

 

なので、

 

きっと皆さまの方が、

 

日々お忙しく、

 

また、大変なお仕事をなさっているはず・・・。

 

 

ですので、正直、

 

あたたかいコメントをいただくたびに、

 

身のすくむような想いがするのですが、

 

それでもやはり、

 

皆さまからいただくやさしさは、

 

私にとりましては、

 

砂漠で飲む一杯のお水のような、

 

空腹時のチョコレートのような、

 

あるいは寒風を防ぐショールのような、

 

とにかく、とってもうれしくて、

 

繰り返し、繰り返し、

 

何度も大切に拝読しております。

 

 

 

新しい職場でも、

 

やはりあたたかい人がいらっしゃいまして。

 

 

特にNさん。

 

私よりも年配の女性で、

 

もうさすがにこれ以上は、と思えるほどに痩せた体型、

 

マニッシュな装い、

 

男の子のように短くカットした白髪、

 

「できる女性」特有の、

 

細いフレームの眼鏡・・・と、

 

見るからに「厳しそう!」な印象で、

 

最初はとてもおののいたのですが、

 

 でも!

 

 

「よろしくね」

 

 

の後のNさんの笑顔といったら!

 

 

それはもう「柔和」を絵に描いたらこれしかない!

 

と思えるほどのやさしい微笑で、

 

私はしばらく彼女の笑顔から、

 

目が離せなくなりました。

 

 

笑うとできる皺っていいですよね。

 

私もいつかはあんな風に笑えるようになりたい、と

 

最近はいつも考えています。

 

 

 

 

・・・まずはダイエットかな。とほほ。

 

 

 

 

それから同時にお仕事を始めたHさん。

 

Nさんとは対照的に、

 

まるまると太った体型、

 

色白で切れ長の美しい目、

 

でも彼女の魅力はそのおしゃべりで、

 

彼女が何か言うたびに、

 

私はおかしくておかしくて、

 

ずっと笑ってばかりいました。

 

 

最初に出会った日の帰り道、

 

私は彼女に、

 

さようなら、とは言わず、つい

 

 

「楽しかったわ、ありがとう。」

 

 

と言ってしまい、

 

 

あら、私、仕事しに来たのに。

 

 

と我ながら憮然としました。

 

 

 

もちろん疲れたり、消耗したり、

 

それから「しょぼん」とすることもあります。

 

 

でもみなさま、

 

マミーはなんとか元気にやっています。

 

みなさまと、

 

それから、こんな私に過分に親切にしてくださる

 

やさしい方々との出会いのおかげと思っています。

 

 

今日はみなさまに

 

ご心配へのご報告と、

 

お礼状のつもりで

 

この記事を書いています。

 

 

いつもほんとうにありがとうございます。

 

そしてどうかこれからも、

 

よろしくお願い申し上げます。

 

 

みなさまの元にも、

 

やさしい出会いがたくさん訪れますように。

 

感謝をこめて、

 

みなさまのご幸運を

 

いつも、どんなときも、

 

お祈りしています。